生産ラインなどの配線困難な「動くもの」は無線化で対策

 In Bluetooth導入事例・お客様の声
Bluetoothでシリアルケーブルをカンタン無線化

生産ラインにて製品の製造データを収集する際、動き続ける製品にケーブルを装着するのは大変です。
万が一、ラインを止めてしまうと大損害につながります。
「動くもの」からのデータ収集を無線化することで有線時に起こり得るリスクを回避します。

Before

生産ラインを流れる製品から製造データを収集していますが、都度製品にケーブルをつながなければならないため、作業遅延による収集漏れや、万が一ラインを止めてしまった場合のリスクが生じます。

case11_illust_before
動くものにケーブルを取り付けるのは大変
case_arrow

After

Bluetoothで無線化することにより、人的ミスによる収集漏れやラインストップのリスクがなくなりました。

case11_illust_after
Bluetoothなら配線いらずで動くものからのデータ転送もカンタン

無線化のポイント

  • 無線化することで効率的、且つ安全にデータ収集を行えるようになりました。 生産ラインストップのような大きなリスクは無線化で未然に防ぐこと可能です。

    カスタマーサポート担当 清水芳貴
    カスタマーサポート担当 清水芳貴 エイディシーテクノロジー株式会社

この記事を書いた人

無線化.comカスタマーサポート担当 清水芳貴
無線化.comカスタマーサポート担当 清水芳貴
Bluetooth業界に足を踏み入れてから早10年。
初心者がイチから学んだ知識とノウハウを、初心者の方でもわかりやすいようにお伝えすることを心がけています。
カスタマーサポート担当へ
直接メールできます

堅苦しい形式不要でご用件をお気軽にお問い合わせください。

Not readable? Change text.