【よくある質問】海外製の無線機器を日本で輸入販売するためにはどうすれば良いの?

 In Bluetooth・無線全般に関するFAQ, Bluetooth入門&無線化.comトピックス, FAQ, 無線化.comトピックス

こんにちは、無線化.comカスタマーサポート担当の清水です。
今回はここ最近特にお問い合わせが増えている「海外製の無線機器を日本で輸入販売するためにはどうすれば良いの?」というご質問にお答えしたいと思います。

下記の内容は、海外製の無線機器をただ転売するだけの輸入業者が対象です。OEM供給での販売はその限りではありませんのでご注意ください。

無線機器の輸入には、現地メーカーの協力が不可欠です

海外の無線機器を日本で利用するためには国内電波法(技術基準適合証明、もしくは工事設計認証。以下、技適と呼ぶ)の取得が必要です。もし輸入しようとしている無線機器が技適未取得の場合、技適を取得しなければなりません。

「輸入しようとしている無線機器が技適未取得なので、無線化.comで技適取得を代行してもらうことは可能ですか?」
というお問い合わせをよくいただきます。

技適を取得するためには、機器の技術資料や製造工場に関する資料など、メーカーでなければ提供できない資料を用意する必要があり、メーカーの協力なしに第3者が技適を取得することは困難です。

それらの資料なしに弊社が代行取得することはできません。従って、無線機器の輸入を検討する際にまずやるべきことは、輸入元の現地メーカーに日本国内で販売したいことを伝え、メーカーに技適を取得してもらえるよう交渉する、ということです。もしメーカーが協力に応じてくれないようなら、その製品の輸入は諦めたほうが良さそうです。

もし弊社で代行をお手伝いできるとするならば、現地メーカーが技適取得のための資料提供には応じてくれるが、技適取得の手続き自体はそちらでやってね、と言われた場合です。

必要な資料は無線化コンサルティングサービスでサポートいたします

技適取得に必要な資料の内容や、代行業務につきましては、「無線化コンサルティングサービス」にてサポートしております。費用につきましては、コンサルティングサービスが60万円、別途技適取得の実費に40〜50万円かかりますので、合計100万円程度とお考えください。

Bluetooth認証はメーカーが取得していることが大前提

「Bluetooth製品」と謳っている時点で、その無線機器はBluetooth認証を取得済みのはずですが、念のため、Bluetooth認証取得済みの製品であるか否かを、必ず現地メーカーに確認してください。Bluetooth認証は世界共通で有効ですので、現地メーカーが取得済みであれば、「転売者」が改めてBluetooth認証を取得する必要はありません。仮に取得されていないのだとすれば、ルールを無視したリスキーな商品ということになりますので、そのような商品は取り扱わない方が賢明だと思います。

radio_law_seminar

カスタマーサポート担当へ
直接メールできます

堅苦しい形式不要でご用件をお気軽にお問い合わせください。

Not readable? Change text.