【よくある質問】試作や評価目的、販売しない無線機でも電波法取得が必要なの?

 In Bluetooth・無線全般に関するFAQ, Bluetooth入門&無線化.comトピックス, FAQ

こんばんは、無線化.comカスタマーサポート担当の清水です。
今日は最近増えてきた海外製Bluetoothモジュールにまつわるよくあるご質問と、知らず知らずに陥ってしまう電波法トラブルについて解説します。

試作や評価目的、例え販売予定のない無線機でも、電波を発する場合には電波法取得が不可欠です

日本の電波法は、試作や評価段階であっても、電波を発する際には電波法取得が必要です。販売目的のない無線機器であっても必要です。

電波法(技適)を取っていない無線モジュールを使用した場合はどうなるの?

先日、当社の認証セミナーを受講された方から、こんな質問がありました。

「Raspberry PiやArduino向けに販売されている海外製のBluetoothモジュールを使おうと思ってるんですが、技適未取得みたいなんです。けど日本で売られているってことは、そのまま使っても問題ないんですよね?」

もちろん問題ありです。
このケースでは、使用者、つまり電波を発した受講者の方が電波法違反として処罰の対象となります。

「じゃあなんでそんなモジュールが普通に売られてるんですか?」
とその方はおっしゃいました。

日本の電波法のルールでは、技適未取得の無線機器を販売することは処罰の対象とはなりません。そのような無線機器を購入し、技適未取得のまま使用した人(電波を発した人)が処罰の対象となってしまいます。

そのようなルールを承知の上で技適未取得の無線モジュールを販売している立場からすれば、

「当然無線モジュールの利用時には技適取得が必要ですよ。だからお客様の方でちゃんと技適を取得してから使ってくださいね。」

という暗黙の了解のもとで販売しているわけです。
それを知らずに、

「技適取得済みと明記されていないけど、日本向けに売られているということは、もちろん電波法を取得しているんだろう」
「技適未取得と明記されているけども、日本向けに売られてるってことは未取得でも問題ないんだろう」
「評価ボード向けの無線モジュールだから、評価時には技適が不要なんだろう」

などと都合よく解釈をして技適未取得のまま使用してしまっては、知らず知らずにあなた自身が電波法違反の対象になってしまいます。

日本の電波法は、試作や評価段階であっても、電波法取得が不可欠なルールなんです。だからZEALシリーズのような認証済みBluetoothモジュールが選ばれているんです。

例えばZEALシリーズは大手メーカー様の研究所などでよくご利用いただいています。大手メーカー様の場合、特にコンシューマ製品ともなれば、自社で無線部分も設計し、自社製品単位で各種電波法や認証を取得されることが多いですが、原理試作や1次試作の段階でも電波法は必要です。まだ企画段階で試作を繰り返すたびに自社で電波法を取得するのは手間もコストも負担が大きいため、原理試作や、1次試作の段階までは手っ取り早く認証の取れているZEALシリーズを使い、無線・Bluetooth機能の評価を終えた段階で自社設計に切り替えるというエンジニアの方が多いのです。

ZEALシリーズは試作・評価だけの利用でもOK

ZEALシリーズは、「量産では採用しないけど、試作や評価の時だけ使いたい」という使い方でも全然OKです。試作はZEALシリーズで試してみて、量産は他社モジュールというケースでも全く問題ありません。ぜひ試作だけでもご利用ください。

電波法、Bluetooth認証が取れている安心のBluetoothモジュールZEALシリーズはこちら

Windows OSの環境に左右されない!Bluetooth認証不要のUSBドングルシリーズ
ZEALドングルC02
ZEALドングルLE0
ZEALドングルLE0-C

radio_law_seminar

カスタマーサポート担当へ
直接メールできます

堅苦しい形式不要でご用件をお気軽にお問い合わせください。

Not readable? Change text.