【ドア加工不要なので賃貸物件で利用可能。しかもズレない外れない】ドアコンシェルの特許取得済み取付機構のご紹介

こんにちは、エイディシーテクノロジー株式会社 カスタマーサポート担当の清水です。

今回は、ドアコンシェルの特長のひとつである「ドア加工しないのに、ズレない、外れない」を実現した取付機構についてご紹介します。

「賃貸物件で使える」のに「外れない」を実現しました

電気錠/スマートロックの取付方法は製品によって様々ですが、一長一短あり、製品選びの悩みのタネでした。

  • よくある悩み①『ドア加工タイプは外れないけど賃貸物件で利用できない』
  • よくある悩み②『両面テープタイプは賃貸物件で使えるけど、ズレたり外れやすい』

この2つの悩みを解決したのがドアコンシェルの取付機構です。この取付機構は共同開発パートナーであるシーズンテック社が特許を取得しており、シーズンテック製電気錠でしか実現することができません。

ドアを加工しないので賃貸物件でも利用可能

ドアコンシェルは元々ドアに空いている穴を利用して取り付けるため、ドアの加工は一切不要。現状回復が可能なため、賃貸物件でも安心してご利用いただけます。

ズレないから壊れにくい。外れないから安心。特許取得済みの強固な取付機構

電気錠の設置が少しでもズレると負荷が増すため、モーターの故障原因となります。その点ドアコンシェルの強固な取付機構(※シーズンテック社が特許取得済み)は、ドアを挟み込んで取り付けるため、ズレたり外れたりする心配がありません。トラブルが少なく、長期利用を前提としたオフィス等のドアに適しています。

写真でよくわかる取付機構

dc_install1ドアに元々空いている穴を活用して取り付けます
dc_install2穴はドアの両面に空いています
dc_install3ドアの表側(屋外側)にリーダー部を取り付けます
dc_install4ドアの中にケーブルを通します
dc_install5ドアの屋内側の穴からケーブルを出します
dc_install6リーダー内のスペースにシリンダーを取り付けます
dc_install7それまでお使いのシリンダー錠を交換せずにそのままご利用いただけます
dc_install8シリンダーをピンで固定します
dc_install9ピンで固定すると、ドアにリーダーがピタッとくっつきます
dc_install10サムターンの代わりに専用金具を取り付けます(屋内側】
dc_install11専用金具もピンで鍵ケースに固定します
dc_install12屋内側にプレートを取り付けます
dc_install13プレートは先ほどの専用金具にネジどめします
dc_install14これでドアの表裏から挟み込み完了です
dc_install15メイン機能部とリーダー部をケーブルでつなぎます
dc_install16プレートにメイン機能部を取り付けます
dc_install17メイン機能部はプレートにネジどめします
dc_install18モーターで鍵ケースを開け閉めするための金具を取り付けます
dc_install19これがモーター部です
dc_install20開け閉め金具にモーターの回転シャフトを差し込みます
dc_install21モーター部とメイン機能部をケーブルでつなぎます
dc_install23モーター部をプレートに固定したら取り付け完了です
dc_install22モーター部もプレートにネジどめします

これでドアコンシェルの取り付けは完了です。写真をご覧いただいていかがでしたでしょうか?
ドアコンシェルはドアの加工なしで取り付けることができ、しかも挟み込んで取り付けるため外れないことがご理解いただけたと思います。

ドアコンシェルが取り付けられるか知りたい場合は?

ご検討中のドアにドアコンシェルが取り付けられるか知りたい方は、簡易診断ページにてご確認ください。
【導入診断】ドアコンシェルが取り付けられるのはどんな扉?取付可能な鍵の種類と簡易取付診断ツール