【導入診断】ドアコンシェルが取り付けられるのはどんな扉?取付可能な鍵の種類と簡易取付診断ツール

こんにちは、エイディシーテクノロジー株式会社 カスタマーサポート担当の清水です。ここではドアコンシェルが取り付けられる鍵・ドアのタイプについて解説します。
また、問い合わせをしなくてもご希望のドアが適用するか否か、おおよその参考になる「簡易取付診断ツール(ページ内リンク)」をご用意しておりますので、お気軽にご活用ください。

まず確認すべき3大条件

ご希望のドアにドアコンシェルが取り付けられるか否か、まず確認することは下記の3つです。

  • 鍵ケースタイプ
  • ドアの厚さ
  • バックセット

基本的にこの3つを確認すれば、取付可能か判断できることが多いです。

Field survey取り付け診断で確認する3つの点

取り付け可能な鍵ケース

鍵ケースタイプによって、取り付けられるタイプとそうではないタイプがあります。代表的なMIWAのLAシリーズはオフィス内のパーティションやテナントビルのドアで利用されていることが多く、取り付けられる場合がほとんどです。

MIWA

DA, DAF, DH, DHV, DV, DVF, DVF-BL
FG, FGV-BL
LA, LAF, LSP, LV, LVF, LVF-BL
MA, MV
OLT
POM, PPA, PPF, PPVF
QDB, QDC, QDD
TEUUT
WLA

GOAL

AS
HD, HVJ
LD, LDK, LDKJ, LG, LGBL, LGK, LGKJ, LGT, LX, LXD
PL, PLJ, PLK, PLKJ
SK

Clavis(シブタニ)

CD, CDS, CDSK
LC, LCS, LCSK

HORI

GH

SHOWA

MSMM ※型式の頭にMが付けばOK可能性あり

ドアの厚さ

目安となるドアの厚さは30〜60mmです。範囲外の厚さでもオプションアダプターで対応可能な場合があります。

バックセット

バックセットというのはドアの先端からシリンダー(鍵穴)の中心までの距離を指します。
対応するバックセットは 38, 51, 64, 76mmです。

ドアコンシェル簡易取付診断ツール

ドアコンシェルの簡易取付診断ツールです。
上記、3つの確認事項をチェックできますので、お気軽にお試しください。もちろん無料です。
http://www.season-t.jp/cylinder2/ ※別ウィンドウで開きます
tld-tool

取り付けられるかわからない場合は?

ご希望のドアに取り付けられるかわからない場合は、お気軽に取付可否についてお問い合わせください。

ドアコンシェルの取付可否を相談する