【Bluetooth認証】最終製品登録作業(EPL)代行と費用負担サービス

 In Bluetooth入門&無線化.comトピックス

こんにちは、無線化.comカスタマーサポート担当の清水です。
今回は当社の「Bluetooth認証 – EPL登録の代行サービス」「EPL登録費用一部負担サービス」についてご案内いたします。

Bluetooth認証のEPL(End Product Listing)登録作業を代行します

Bluetoothロゴ

2014年2月からBluetooth認証に関するルールが変わり、認証済みBluetoothモジュールを組み込んで最終製品を作った場合には、Bluetooth認証の最終製品登録(End Product Listing、以下EPL登録)が必要となりました。

無線化.comでは、最終製品メーカー様の作業負担を軽減するため、EPL登録代行サービスをご提供しております。さらに、メーカー様のBluetooth導入ハードルを少しでも下げるべく、無線化.comがEPL登録費用(1製品につき8,000USドル)の一部を負担するという「EPL登録費用一部負担サービス」をご提供しています。

【Bluetooth認証】EPL登録代行サービスに関するご案内

Bluetooth認証って分かりづらくありませんか?難解な登録作業は無線化.comにお任せください

EPL登録を行うためには、まずBluetooth認証のルールを正確に把握しなければなりませんが、公式ドキュメントのほとんどは英文しか用意されておらず、さらに独自の専門用語は訳すことも難しいため、ルールを正しく理解するのは容易ではありません。実際の登録作業だけではなく、その事前準備にも時間を費やさなければならず、人的コストもバカになりません。

無線化.comの登録代行サービスは、難解なBluetooth認証のルールを熟知しなくても、必要な作業は全て当社にて行いますので、当社からのヒアリングにお答えいただくだけで、EPL登録が可能となります。

cap-epl-regBluetooth SIGのEPL登録画面

このようなメーカーの方々におすすめです

  • EPL登録が必要なことは理解している。ちゃんとルールに則って製品登録ができればそれで良い。Bluetooth認証の細かなルールまで理解するための時間とコストが勿体無い。
    • 逆に「今後継続的にEPL登録を行うので、社内にノウハウを蓄積し、自社でEPL登録を行えるようになりたい」というメーカー様には、『自社でEPL登録ができるようになるための特別セミナー』もご用意しております。
  • 登録費用の支払いを代行してほしい。クレジットカード、もしくはUSドルによる海外送金は社内ルール上難しい。
  • 登録費用の一部負担サービスを利用したい。

無線化.comが提供するBluetooth認証関連サービス

EPL登録代行

最終製品メーカー様に代わり、当社がEPL登録を代行するサービスです。

EPL登録の流れ

  1. メンバー登録・アカウント作成
  2. 申告IDの購入(購入方法はクレジットカードか、海外送金)
  3. 製品登録・DoC(DoCの署名方法について説明)

EPL登録の手続きは大きく3つの作業に分かれます。上記1〜3全て、2〜3まで、2だけ、3だけといった感じで、メーカー様の状況、ご希望に合わせて必要な作業をお選びいただくことが可能です。

代行費用は?

代行費用は作業範囲や、希望される登録内容によって変わります。代行費用のお見積に際し、必要な事前確認事項は下記の通りです。

  • 代行作業範囲
  • アカウントの有無、アカウント情報の開示可否
  • 最終製品に採用したBluetoothモジュール(QDID)
  • 代行依頼時期(為替の影響)

【メーカーエンジニア対象】電波法・Bluetooth認証に関する定期セミナー

Bluetooth認証の仕組みについて詳しく知りたいメーカーエンジニアの方には、定期的にセミナー『メーカーエンジニアが知っておくべき電波法・Bluetooth認証の基礎知識』を開催しております。セミナーに関する情報はこちらのページをご覧ください。
【メーカーエンジニア対象】電波法・Bluetooth認証に関するセミナー開催のお知らせ

radio_law_seminar

自社でEPL登録ができるようになりたいメーカー様向け特別セミナー

自社にBluetooth認証のノウハウを残し、自社でEPL登録をできるようになりたいメーカー様には、特別セミナーをご用意しております。Bluetooth認証ルールの概要解説に加え、実際の登録手順も要点を抑えてご説明しますので、どなたでも登録が行えるようになります。今後、継続的にBluetooth搭載機器のリリースをご検討されてるメーカー様にオススメです。
特別セミナーの内容について詳しく聞きたい

EPL登録費用一部負担サービス

当社のZEALシリーズを製品に組み込み、EPL登録を行っていただいたメーカー様に対し、ZEALのご注文ロット数(ご購入金額)に応じて、当社が8,000ドルの一部を負担するというサービスです。負担額はZEALシリーズのモデルや、ロット数によって変わりますので、負担額について知りたい方は、カスタマーサポート担当 清水まで直接お尋ねください。
EPL登録費用負担サービスについて問い合わせる

Bluetooth登録代行についてよくあるご質問

Q. 他社メーカーのモジュールを採用した製品でも代行を依頼することはできますか?

他社モジュール搭載製品でも代行を承りまっておりますので、お気軽にご相談ください。事前に他社モジュールのQDIDを確認させていただきます。

Q. 作業期間は?

代行作業範囲にもよりますが、事前ヒアリング、事前説明も含め、およそ1週間程度とお考えください。お急ぎの場合は最短で登録できるよう対応しますので、ご相談の際にお伝えください。

Q. 自社で登録するのは難しい?

大変か否かはユーザ様によって印象が異なると思いますが、Bluetooth認証の専門的なルールを理解すること、さらにそれを英文で理解することがハードルを上げています。その理解に費やす人的コストがばかにならないため、弊社に代行をご依頼されるメーカー様が増えてきているのは事実です。2014年2月に大幅なルール改正があったように、認証ルールというのは変わるものですので、それを継続的にチェックしていくのも大変です。

当社は自社でBluetoothモジュールを開発していますので、Bluetooth認証を始め、国内電波法、海外認証については絶えず情報を集めるよう努めております。当社に代行をご依頼いただけましたら、都度最新のルールに合わせ、メーカーとして対応すべきことを継続的にご案内することが可能です。

Bluetooth認証代行サービスについてのお問い合わせ

Bluetooth認証代行サービスについてのお問い合わせはカスタマーサポート担当の清水までお気軽にご相談ください。

Bluetooth認証代行サービスについて問い合わせる

Bluetooth認証の仕組みについて詳しく知りたいメーカーエンジニアの方には、定期的にセミナー『メーカーエンジニアが知っておくべき電波法・Bluetooth認証の基礎知識』を開催しております。セミナーに関する情報はこちらのページをご覧ください。
【メーカーエンジニア対象】電波法・Bluetooth認証に関するセミナー開催のお知らせ
カスタマーサポート担当へ
直接メールできます

堅苦しい形式不要でご用件をお気軽にお問い合わせください。

Not readable? Change text.